育毛剤の外用薬と服用薬の違い

市販される製品で多い外用薬は、局所的にスポットを当て、集中して治療が行える育毛剤です。
外部から育毛剤の成分を与え、毛根の発育をサポートして、毛の成長を促す事ができます。
十分に成分を浸透させるため、頭皮を綺麗にしておく事や、皮脂に弾かれない清潔さが必要です。
頭皮が表面的に綺麗でも、毛穴に汚れが詰まっていれば、育毛剤を浸透させる事が難しく、十分に効果が発揮されなくなります。
外用タイプの育毛剤は、浸透性を高めるためにアルコールが含まれ、個人差で皮膚の異常が発生する事はあります。
痒くなったり炎症が発生したなら、刺激の弱いタイプに切り替えるか、アルコールが含まれない製品を使用します。
服用タイプの育毛剤は、血流に成分が乗って、広範囲に影響を与えます。
決められたタイミングで飲むだけですし、内部から毛根に作用するので、外用薬と併用して効果が期待できます。
かぶれたり炎症の心配がなく、外用が難しい人も安心して使用できます。
局所的に作用させる事は難しいので、副作用の心配はありますし、高い効果と引き換えに発生します。
多くの副作用は、服用を中断すると回復したり、時間をかけて元の状態に戻ります。
体が元に戻ると、育毛剤の効果が切れているので、毛根や頭髪も以前の状態になります。
育毛剤が特に効いていた場合は、使用開始前の状態よりも、更に毛量が変化する可能性はあります。
長い付き合いが必要な育毛剤ですから、長期の使用を開始する前段階では、製品を比較して調べる準備が大切です。
体に合わない物は、長く使い続ける事が難しく、副作用を我慢して使う事は不可能です。
外用薬と服用薬は、それぞれの利点を活かし組み合わせる事で、効果を引き出し持続させます。